学芸員 資格 社会人

社会人でも学芸員の資格は取得できる?

社会人の方でも、学芸員に興味をお持ちの方や、学芸員になりたいという方はおられると思います。

 

ですが、問題となるのは、社会人であっても学芸員の資格が取得できるのかどうか、という点です。

 

ここでは、社会人でも学芸員の資格は取得できるのかという事について、ご説明していきます。

 

社会人でも学芸員の資格は取得できる?

学芸員となるためには、学芸員の資格を取得する必要があります。

 

その資格を取得するためには、以下の4つの方法を選択しなくてはなりません。

 

1.大学にて指定の科目を履修して卒業し、学士を取得することによって資格を取得する
2.大学に2年以上在学して指定の科目を修め、3年以上学芸員補として勤務することで資格を取得する
3.学芸員資格認定審査に合格(審査に条件あり)することによって、資格を取得する
4.学芸員資格認定試験を受験し、合格(受験に際し条件有り)し、1年以上学芸員補として勤務することによって資格を取得する

 

このいずれかの方法にて学芸員の資格を取得することになります。

 

問題となるのは、「社会人であること」と「指定の科目を修めているかどうか」という点です。

 

大学に通うとなれば、今働いている職場を辞めなくてはならないと考える方もおられるでしょう。

 

他の方法であっても、学芸員補として勤務する必要があるものとなります。

 

学芸員資格認定審査を受けるにしても、大学で指定の科目を修めているか、学芸員補として勤務している経験がなくてはなりませんので、結局は難しくなります。

 

となると、どうすればいいのでしょうか。

 

答えは、大学の通信教育にて指定の科目を履修し、学芸員の資格を取得するという方法です。

 

大学の通信教育であれば、最短1年で修了となるところもありますし、仕事をしながら自宅で学習することが出来ます。

 

全てWEBで学習できる大学もありますので、自分が学びやすいところを探してみてくださいね。