学芸員 昇進システム

学芸員の昇進システム

目指すべき姿


一般企業や公務員にも昇進システムがあるのと同様に、学芸員にも昇進システムがある美術館や博物館はたくさんあります。役職のレベルや経験、能力に応じて給与が変わっていきます。

実際にどのような役職があるのか具体的に説明していきたいと思います。まず美術館や博物館を運営していくためには、大きく分けて事務系と学芸系の仕事があります。

それぞれに昇進システムが存在しますが、ここでは学芸系の仕事に絞ってみていきます。学芸員は一般企業で言う所の平社員だとすれば、その上にくるのが学芸課長や主任学芸員、学芸係長、または学芸主査などになります。

その上にくる役職が学芸部長、さらにその上司にあたる存在が館長補佐や副館長になります。国立系の博物館や美術館では、学芸員ではなく研究員と呼ばれています。さらに昇進すると主任研究員、その主任研究員の上司が美術課長や室長になります。

学芸員の役職システムはそれぞれの施設によって役職呼び方も違えば、昇進システムも異なります。またこのような役職は、組織の中では重要な意味を持ちますが、一般の人々から見れば、全ての人が同じ学芸員となります。

仕事の質を高めていく


業界を見ると、学芸員の場合、一般企業や公務員に比べ、昇進へのこだわりが薄いという特徴があります。それよりも、自らの研究者としての専門性に強いこだわりを持っていると言えるでしょう。

しかし社会の一員として、美術館や博物館で社員として働いている以上、時には上司の指示に従って動かなければいけないケースはたくさんあります。社会的な協調性や忍耐力も、企業の会社員や公務員同様に求められます。

営業職などに比べれば精神的に負担は少ないでしょうが、あくまで組織の一員だという自覚は持っておく必要があるのです。

もちろん学芸員としての最終目標は、館長や学芸部長といった「肩書き」を手に入れることではありません。いい仕事、いい企画、いい研究などの具体的な仕事の質を、日々努力を重ねながら高めていくことが重要です。

その結果、自分の努力や能力が認められ昇進していけば、仕事をしていく上でやりがいも得られるのではないでしょうか。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

学芸員を目指す!通信制大学一覧
学芸員の給与体系とは?
学芸員の適性について