学芸員 仕事 コミニケーション

コミニケーション-学芸員の仕事-

学芸員にはいろいろな顔があるが・・・

 

企画者・研究者・調査員・収集・保存担当者・教育者・執筆者・編集者・・・と学芸員はさまざまな役割を持っています。美術館や博物館の中には、欧米のスタイルを参考にして、これら複数に及ぶ仕事の分業化を取り入れている施設もあるが、日本ではまだまだ少ないと言えるでしょう。

 

上記であげたように学芸員は研究者や調査員といった顔も持っている訳だが、大学の研究者や調査員と異なる点は、研究や調査の目的が展覧会だという点になります。展示物を通して多くの来館者の目に触れ、収集や保存業務に関しても展示を前提とした上で成り立っています。

 

つまり、来館者や観客なしでは成り立たないのです。ですから、学芸員は時には直接、来館者や参加者を前にして講義や説明をおこなったりもします。学芸員の仕事の多くは、施設を訪れる人とのコミニケーションのうえで成り立っているとも言えるでしょう。

 

開かれた施設を目指して

 

開かれた美術館・博物館というのは、業界内で最近よく耳にする言葉です。これはもちろん来館者にとって開かれた、という意味になります。昔の美術館や博物館と言えば、「美の殿堂」とか「文化の殿堂」といった側面が強く、一般の人に対して閉ざされた身近ではない印象を与えていました。

 

しかし最近になって、美術館や博物館のこうした少し「お固い」イメージが次第に変化してきています。テレビや雑誌などのマスコミでも美術や歴史に関する情報が溢れており、一般の人々のこうした情報に関する意識や関心が高まってきていることも影響しているのでしょう。

 

美術館や博物館は市民の意識や知識の高まりとともに「文化の殿堂」といったイメージよりも、たくさんの貴重な作品や資料を身近に見ることができる親しみやすい開かれた場となり、さまざまな情報を手軽に獲得できる情報提供の場としての認識が高まってきています。

 

情報化社会の中で進化してきた美術館・博物館

 

施設の中で館が所蔵する作品・資料・書籍図書などに関する情報サービスの役割も大きくなっています。情報化社会の中で、美術館・博物館も共に発展してきています。

 

最新の情報技術を利用した美術情報の検索システムや、世界と日本の名画を映像によって鑑賞できるレファレンス・システム、さまざまなソフトを集めたライブラリーコーナーなど美術館や博物館は近年、情報センター化してきていると言えるでしょう。

 

その中で学芸員は、展示企画・研究・学習活動などを通して、施設と来館者を繋ぎコミニケーションをスムーズに進めるための重要な役割を担っていくことが、なおいっそう求められているのです。

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

学芸員を目指す!通信制大学一覧
学芸員の給与体系とは?
学芸員の適性について