学芸員 資格 通信教育

学芸員の資格を通信教育で取得するメリット

学芸員の資格は、通信教育で取得することも可能となっています。

 

では、通信教育にて学芸員の資格を取得するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、学芸員の資格を通信教育で取得するメリットについて、見ていきたいと思います。

 

学芸員の資格を通信教育で取得するメリットとは?

学芸員の資格を通信教育で取得するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

○通信教育のため、自分の生活スタイルに合わせて学習できる
○大学によってはスクーリングが不要
○就職サポートがある大学も
○添削サポートなどがある大学が多い
○大学が遠くても問題ない
○仕事や家事の空き時間に学習できる

 

など、このようなメリットが存在しています。

 

通信教育で学芸員の資格を取得しようとされる方の多くは、現在社会人として別の仕事をされている方や、主婦の方が多くなり、毎日忙しく生活しておられる方ばかりです。

 

そのような場合、大学に通学するとなると、やはり生活上難しいことも多く出てきてしまいます。

 

ですが、通信教育であれば、仕事などから帰ってからの空いた時間に自分のペースで学習することが可能ですし、中にはWEBのみで卒業まで学習できるような大学もあります。

 

自分の仕事や家庭と相談をし、一番勉強しやすい環境にある大学を選ぶ事で、ストレスなく、無理することなく学んでいく事が出来ます。

 

添削サポートや就職サポートがある大学も多く、自宅での学習に不安があるという方でも安心できます。

 

特に就職に関しては、学芸員として就職することが難しい場合もありますので、就職サポートが整っているかどうかという点は、しっかりと確認しておく必要があります。

 

大体の大学の通信教育の場合、1年程度で修了となりますので、その間さえしっかり頑張れば学芸員の資格を取得することが出来ます。

 

ただ、博物館などの現場へ実習に行かなくてはならないために、その点だけは注意が必要となります。