学芸員補とは

学芸員補とは?

学芸員補とは、どのような資格・仕事なのでしょうか。

 

学芸員となるために、まず学芸員補を経験しなくてはならないルートもありますので、この辺りは知っておきたい点です。

 

ここでは、学芸員補について、ご説明していきます。

 

学芸員補とは?

学芸員補とは、博物館等に勤務し、施設内の資料の収集・展示・保管・対応・研究の補佐などを行い、学芸員の手助けを行っていく仕事となります。

 

大学に入学できる権利のある方であれば、誰でも学芸員補となる資格があるとされています。

 

とはいえ、学芸員補であっても、勤務を希望する施設によっては、採用試験が行われる場合があります。

 

学芸員補として働く人は?

学芸員補として勤務する人には、どのような人が居ると思いますか?

 

多くの場合、学芸員を目指す人が学芸員補として勤務するというイメージがあるかもしれません。

 

ですが、学芸員の資格を取得するために、学芸員補として勤務するという方ばかりではないのです。

 

学芸員としての実務経験が無いという人や、学芸員補として働きたいという人が勤務する場合もあります。

 

学芸員の資格はあるものの、「まずは学芸員補から」と言われて学芸員補として勤務する人も居ます。

 

このように、学芸員補として働く人には様々な事情の人が居るということです。

 

学芸員補の仕事にはどんなものがあるの?

学芸員補の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

学芸員補は、博物館等にて学芸員を補佐していくことが仕事となります。

 

そのため、資料の収集、展示、研究、調査、管理、保存など、主にこのような仕事の補佐を行います。

 

このように、企画展示や教育なども行いますので、その業務範囲はとても多岐に渡っていると言えます。

 

全てが補佐的役割となりますが、博物館などに勤務したいという希望がある方にとっては、とてもやりがいのある仕事と言えます。