学芸員補 仕事内容

学芸員補の仕事内容

学芸員補はどのような仕事をするのかご存知ですか?

 

学芸員補の仕事内容を知っておくことによって、学芸員との仕事の比較を行うことが出来ます。

 

ここでは、学芸員補の仕事内容について、ご紹介していきます。

 

学芸員補の仕事内容ってどんなもの?

学芸員補の仕事内容がどのようなものなのか、見てみましょう。

 

学芸員補の仕事は、主に学芸員の補佐を行うことが仕事となります。

 

歴史博物館、芸術博物館、産業博物館、資料館、民族博物館、研究施設といったような場所にて働く事になります。

 

具体的な仕事内容には、以下のようなものがあります。

 

・施設内の資料を収集する
・施設内の資料を保管する
・施設内での展示を行う
・施設内での研究を行う
・来客の対応などを行う
・施設内の企画を行う
・普及教育を行う

 

など、このような仕事を行ったり、このような仕事の補佐を行います。

 

学芸員という仕事は、外国で”キュレーター”と呼ばれており、とても細かい専門分野に分かれています。

 

ですが、日本では学芸員の人数自体が少なくなっていますので、上記のような多くの仕事や多岐に渡る仕事を担う事になります。

 

博物館などだけではなく、水族館や動物園、美術館などに勤務する場合もあります。

 

どのような場所でも勤務できるよう、その施設が扱うことになる分野に対し、専門的知識などが必要となります。

 

学芸員補は学芸員の補佐とはいえ、来客対応などを行う際には、やはり高い専門知識が求められる事になります。

 

自分がどういった立場であり、どういった役割として見られているのかという点も、常に意識する必要があります。

 

専門分野の研究の補佐を行う際にも、高い知識が必要とされますし、どのような補佐を行うにしても、他の職員とも協力する必要があります。

 

そのため、常に向上心を持って仕事に取り組み、周りの職員との連携やコミュニケーションなども密にとらなくてはなりません。

 

補佐を行っていくうちに、学芸員を目指したいという夢が出来るかもしれません。

 

そのような際には、学芸員を目指して日々の仕事により熱心に取り組むこともいいですよね。